友達が結婚して焦る。周りの結婚ラッシュで焦る気持ちの落ち着かせ方

友達が結婚して焦る女性

友達が続々と結婚報告してきて焦る。

結婚適齢期なのに、自分だけ結婚ラッシュに乗れていない。

「自分だけ独身で、彼氏すらいない。」

祝いたい気持ちがあるのに、モヤモヤしてしまう。

こんな悩みを抱えていませんか?

私も28歳まで長らく彼氏がおらず、20代後半で友達や会社の同期が続々と結婚して焦りを感じていたので、その気持ちがとてもよくわかります。

でも、焦って間違った方向へ行ってしまうと、ひどい相手や相性の悪い相手を選んでしまいます。

考え方次第で、あなたは周りと自分を比べずに、自分のペースで生きようと思えるはずです。

この記事では、

  • 友達が結婚して焦る理由
  • 焦る気持ちを落ち着かせる方法

について紹介しています。

見たいところに飛べる目次

友達が結婚して焦るのはナゼ?

女性2人の後ろ姿

友達が結婚して焦る気持ちは、なぜ生まれるのか。

きっとこの4つが、あなたの心の中に潜んでいるのではないでしょうか。

  • 自分だけ取り残された感じがするから
  • 結婚が人生のゴールと考えているから年
  • 齢にリミットがあると考えているから
  • 自分が結婚する未来が見えないから

自分だけ取り残された感じがするから

人は生まれてから大人になるまで、友達とは常に一緒のタイミングで過ごしていきます。

小・中・高校、大学。就職活動や社会人デビュー。

小さいころから、周りと同じ時期に切磋琢磨して頑張ってきましたよね。

それに対して、結婚はそれぞれのタイミングで訪れるものです。

心のどこかでいつまでも周りと一緒の環境だと思っていて、結婚すると聞いて一気に遠い世界に行ってしまうような感覚になってしまう。

さらに、友達が結婚を機に会う時間が減ったり、遠くに離れていったりしてしまうと、余計に寂しさを感じるし

話題も結婚の話中心になってくると、自分が取り残されたような気分になってしまうんですね。

結婚がゴールだと思っているから

友達が結婚して焦るのは、結婚=人生のゴールだと思っていることも原因の1つです。

「結婚さえすればとりあえず安心」

「結婚すれば勝ち組になれる」

そういう考えが頭の片隅にあって、自分がその勝ち組になれていない現状に焦ってしまうんです。

年齢にリミットがあると考えているから

この国では、若さが女性のステータスになっている風潮があります。

年齢で見下されたり、差別する発言は悲しいことによくあるものです。

そして、結婚の先に出産を考えている人も多いですよね。

出産は、年齢が若い方が色んなリスクが避けられるので、年齢にリミットがあると感じる方は少なくありません。

「若いうちに早く結婚しておかなくちゃ」という思いから、焦りが来てしまいます。

自分が結婚できるかわからないから

友達はみんな結婚していくけど、自分には相手がいない。

または長く付き合っている彼氏がいるのに、全く結婚の話が出てこない。

自分が本当に将来結婚するのかどうか不透明な人は、漠然とした焦りを感じてしまいます。

友達の結婚で焦る気持ちを落ち着かせる方法

友達が結婚して焦る自分に嫌気がさす。

ちゃんと、心から祝福したいのにできない。

焦る気持ちを落ち着かせたい。

ここからは、友達が結婚して焦る気持ちを落ち着けるための方法をお伝えします。

焦る気持ちを落ち着かせる方法
  • SNSを見るのをやめてみる
  • 幸せのゴールが結婚だとは決して思わない
  • 自分にとって結婚は本当に必要なのかを考えてみる
  • ゆっくりでいいから行動してみる

SNSを見るのをやめてみる

SNSは楽しくて、友達とコミュニケーションがとれる素晴らしいツールですが、

逆にいうと、見たくないものが見えてしまうのも事実ですよね。

タイムラインが夫婦や子供のことばかりだと、嫌でも周りと比べてしまうのは仕方ありません。

一度SNS断ちをしてみると、余計なことを考えずに済みますよ。

一度SNS断ちをすると、ネガティブ思考が抜けてリフレッシュできるので、SNSをみて暗い気持ちになる人は試してみてくださいね。

幸せのゴールが結婚だとは決して思わない

考え方で大事なことは、幸せのゴールが結婚だとは決して思わないこと。

この考えがある限り、きっとその焦る気持ちは変えることができません。

結婚はゴールではなく、スタートです。

なぜなら、結婚後の方が色んな試練が待ちうけているからです。

夫婦の関係、子供のこと、お互いの家族のこと、仕事のこと、お金のこと。

その試練を乗り越えてこそ、そこに幸せがあるのであって、結婚と幸せが直接つながっているワケではないんです。

その証拠に、今や3組に1組が離婚しています。

結婚しても理想とは真逆の苦しい生活をしている人もいれば、結婚していなくても毎日楽しく過ごしている人だっているということです。

そう考えたら、自分の人生で結婚は一番重要なことなのか?

そんなにコンプレックスに思う事なのか?と、気づけるはずです。

自分にとって結婚は本当に必要なのか考えてみる

人は必ず結婚するものだと思っていませんか?

みんなしてるから・・・親に言われたから・・・と周りに流されていませんか?

「結婚が幸せとは直接結びつかない」と前述したように、結婚するかしないかは自由なんです。

大事なのは、あなたがずっと一緒にいたい相手がいるかどうかです。

「いいなぁ、私も恋したい。」

「好きな人とずっと一緒にいたい。」

そう思ったら、自分のペースで本当に好きな相手を見つけにいけばいいですし、

「結婚は自分には合わなさそう」

「一人でいる方が好きだし、一人が楽しい」

と思うなら、堂々と独身を貫けばいいんです。

自分が結婚に対してどう思っているか改めて整理するには、婚活ノートを書いてみるのもいいですよ。

ゆっくりでいいから行動してみる

心のどこかで自分が結婚とは遠い場所にいると思っていませんか?

それなら、結婚に近づくために行動してみればいいのです。

でも、自暴自棄になって自分を傷つける相手や、生理的に無理な相手を頑張って好きになろうとしては絶対にダメです。

「結婚するため」じゃなくて「好きな人を見つける」スタンスでいてください。

マッチングアプリや結婚相談所など、今は気軽に出会いを増やすことができます。

「なんか怖そう」「結婚にがっついているみたいで嫌だ」と感じる前に、一度試してみてはいかがでしょうか?。

実際、上記の婚活サービスを利用している人は、年々増えています。

婚活サービス以外で出会いたい人は、出会える方法でご紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

友達が結婚しても比べない。自分のペースで行動すれば焦る必要はない。

夕方の空

友達の結婚で焦る気持ちがあるのは、心のどこかで結婚が義務と感じていたり、年齢にコンプレックスがあったり、周りと比べてしまうことが原因です。

でも、結婚が人間の幸せなんて決まりはありません。

人の数だけそれぞれ幸せの形は違うんです。

一度自分の気持ちを落ち着かせて、自分が本当に結婚したい!と思えたら、焦らずに自分のペースで行動すること。

今は婚活サービスもたくさんあり、結婚相談所・マッチングアプリ・婚活パーティなどさまざまです。

自分に合ったやり方を見つけて、素敵な相手をみつけてくださいね。

この記事をシェアする
見たいところに飛べる目次
閉じる