おすすめマッチングアプリはこちら

マッチングアプリの出会いを親に言えない場合の対処法は?嘘も方便

マッチングアプリの出会いを親に言えないとき
悩める子

彼を親に紹介したいけど、
マッチングアプリで出会ったと親に言えない…。

マッチングアプリで出会った彼を親に紹介するときに、馴れ初めを聞かれることはよくあります。

正直に「マッチングアプリで出会ったんだ」と話したいけど、親がアプリに理解がなく偏見があり

彼との交際を反対されそうで言いづらい人はいると思います。

この悩みを解決します。

結論から言うと、マッチングアプリの出会いを言いづらいときは、無理に言う必要はありません。

この記事では、

  • マッチングアプリでの出会いを親に言えない時の対処法
  • 親がマッチングアプリを反対してしまう理由
  • 実際に親にマッチングアプリで出会ったと暴露した筆者の体験談

について書いています。

見たいところに飛べる目次

マッチングアプリの出会いを親に言えないなら、言わなくていい

マッチングアプリの利用や、彼氏とマッチングアプリで出会ったことを親に言えない場合は、無理していう必要はありません。

どんなに説得しても、親とは生きた時代が違うので理解してもらえないことはあります。

親もいちばん大事なのは出会ったきっかけではなく、あなたが彼といて幸せになることなはずです。

くるみ

アプリ以外の出会いだから幸せになるなんてことはないからね!

ただ、あなたの彼がじぶんの親にどう伝えているかは聞いておいた方がいいでしょう。

もし両家顔合わせがあったときに、お互いの両親が「聞いていた話とちがう!」なんてことがないように。

事前に確認して、つじつまが合うようにしておくことが重要です。

i can'tのロゴ

マッチングアプリの利用を親に言えない場合は、やんわりと誤魔化すしかありません。

言ってしまえば「嘘」になりますが、この嘘は親のため・あなたのためでもあります。

正直、親にほんとうの馴れ初めがバレる確率は低いです。

なぜなら、本当のことを親にバラせる人が近くにいないからです。

最初は心苦しいかもしれませんが、正直にはなして反対され、結婚が白紙になるよりはマシです。

  • 友達の紹介
  • バイトしていた時の友人
  • 趣味を通じて知り合った
  • 合コン・異業種交流会

友達の紹介

いちばん無難なのが「友達の紹介」と伝えることです。

中学でも高校でも大学のときでも、なんでも大丈夫です。

親がじぶんの友達と直接連絡をとっている家庭ってナカナカないはずです。

友達の紹介と言ったところで「友達ってだれ?」と聞いてくることも少ないですし、

「答えてもお母さんはわからないよ」で終わります。

バイトしていた時の友人

学生時代にアルバイトをしていた人は、「昔、バイトが一緒だったの」と伝える方法があります。

数年前のことなので、親は子供がなんのバイトしていたか覚えてなかったりします。(笑)

男がいないバイト先だったとしても「短期で○○のバイトやってたんだよ~」と言えば誤魔化せます。

バイトも友達の紹介と同様に、親にばらす可能性がある人は出てこないです。

趣味を通じて出会った

趣味を通じて出会うと伝えるのも、親がスムーズに納得してくれる方法です。

例えば、習い事や社会人サークル・単発のイベントなどがそうです。

飲食系のイベント(カレーフェスなど)は誰にでも使えるのでおすすめです。

「座っていた席が隣で、話が盛り上がっちゃって」と言えばOKです。

合コン・異業種交流会

合コンはマッチングアプリよりもまだ理解がある親が多いです。

いわゆる「ネットの出会い」に偏見があるので、合コンはまだ理解してもらいやすいでしょう。

会社でも異業種交流会(という名の合コン)の知らせが来ることがあります。

会社を通じてなら安心してもらいやすいでしょう。

くるみ

本当に厳しい親の場合、合コンでも反対されるかもしれないから気を付けて!

ほかにも出会う方法を紹介した記事を見れば、使えそうなものが見つかるはずです。

ぜひご覧ください。

マッチングアプリの出会いを親に反対されてしまうのはなぜ?

紙に✕マークを書いた女性

マッチングアプリに理解がない親は、どうして反対するのでしょうか。

よくある理由をまとめました。

  • ネット上の出会い=危ないイメージがある
  • 世間体を気にしている

ネット上の出会い=危ないというイメージがある

親の世代が若い頃は、そもそもネットがあまり普及していませんでした。

ネット上で出会いを探すこと自体が考えられない時代だったので、マッチングアプリと言われてもイメージが沸かないのですよね。

またひと昔前は「出会い系」と呼ばれる怪しいサイトがよくありました。

ときどきニュースで、その出会い系で知り合っておきた事件が報道されることも。

そういった事件からも「インターネット上での出会いは危険だ」と思い込んでしまっているのでしょう。

世間体を気にしている

マッチングアプリを親が反対する理由に、世間体を気にしていることも考えられます。

親は自分がマッチングに偏見があるから、周りのひとたちも偏見があると思い込んでしまっています。

例えば、親の友人や親せき・近所の方などです。

母親はとくにご近所さんと話す機会は多いですし、子供同士が同級生なことも多いですよね。

うわさ話が好きな人もいるので、広まってしまわないかと気にしてしまうのでしょう。

【体験談】マッチングアプリで出会ったことを親に話したときの反応

くるみ

私はマッチングアプリで出会った人と結婚しましたが、
親には正直に伝えました。

悩める子

どんな反応だった?何か言われた?

くるみ

「えっそうなの?今はそういうサービスがあるんだ。今時は違うね~」
って意外とあっさりでした!

正直、わたしの親も少し頭が固かったので、実際にはどう思っているのかはわかりません。

ただ、「マッチングアプリで出会うのは普通なんだよ」ということを強調しました。

くるみ

マッチングアプリっていって、アプリで出会いを探せるんだよ。
周りの友達や、先輩も使ってて彼氏できてた!
それで使ってみたら彼に出会ったから、マッチングアプリやってて本当に良かったよ

「マッチングアプリを利用したから彼に出会えた」というニュアンスで伝えたら、すごく前向きに聞こえますよね。

私の親も「へ~!よかったね、あんないい人と出会えて」と言ってくれました。

マッチングアプリを親に言いづらいなら言わない。案外あっさりなことも

湖で考える女性

マッチングアプリを理解できないのは、親のせいでもなければあなたのせいでもありません。

人によって考え方が違うので、無理に変えようとしなくていいのです。

親に正直に言えないとき、代わりになる案を私が紹介した対処法から考えておき、相手と打ち合わせしておきましょう。

親にバレないようにするのは簡単です。

だけど正直に話してみたら、意外とあっさり理解してくれることはあります。

くるみ

マッチングアプリ自体はここ数年でかなり浸透してきていますからね!
親世代だって、使っている人はいます。

嘘をつきたくない人は、正直に話してみてはいかがでしょうか。

何度もいいますが肝心なのは出会い方よりも彼自身の人柄なので、あなたが彼を素敵だと思った部分を伝えたらきっと理解してくれますよ♬

この記事をシェアする
見たいところに飛べる目次
閉じる