マッチングアプリで「有料会員が終わる」ってLINEを聞いてくるのは本当?上手な断り方

マッチングアプリで有料会員が終わるLINEがきた女性

この記事は、

  • マッチングアプリでLINEを聞いてくるときの決まり文句「有料会員が終わる」って本当?
  • なぜLINEを聞いてくる理由が「有料会員が終わる」からなのか?
  • LINEを教えたくない場合の上手な断り方

について書いています。

マッチングアプリで連絡とりあっていると、急に「有料会員が終わる」とライン交換を要求されたことはありませんか?

せっかくゆっくり仲良くなろうと思ったのに、チャラい人なんじゃないかと疑っちゃいますよね。

有料会員が終わるっていうけど、みんな本当なのでしょうか?

結論から言うと本当の場合も、ウソの場合もあります。

この記事では、過去マッチングアプリで婚活していた私が経験をもとに「有料会員が終わる」とラインを聞いてくる男性の心理についてご紹介します。

ライン交換したくないときに断り方は、簡単な例文も載せていますので、ぜひご覧くださいね!

見たいところに飛べる目次

マッチングアプリで「有料会員が終わる」は半分本当。それ以外の理由もアリ

マッチングアプリでLINEを聞かれた女性

マッチングアプリで「有料会員が終わるからLINEを教えて」と言ってくる男は、本当・ウソどっちの場合もあります

そもそも、なぜ有料会員が終わるからといってLINEを聞いてくるかを説明します。

マッチングアプリのほとんどが、女性会員は無料なのに対して男性会員は月額料金がかかります。

その額は、契約期間で変わりますが大体2000~4000円相場なので、結構なコストです。

さらに、いいひとがいたらさっさとやめられるよう1ヶ月契約をしている人がほとんど

毎月のように期限がせまってくるワケです。

男性側の心理から言えば、良い感じの子とは早い段階でLINE交換し、課金しなくても連絡をとれるようにしたいと考えるでしょう。

なので、「有料会員が終わる」という理由は、本当である可能性があります。

ただし、その理由だと相手からOKをもらいやすいがゆえに、利用して嘘をつく人も多いのも事実です。

次に、嘘をついていた場合の、LINEを聞いてくる理由についてご紹介します。

今よりも連絡をとりやすくするため

アプリ内でのやりとりの場合、相手がメッセージに気づくのが遅かったり、アプリを放置してしまっていると、どんなに自分が好意があっても進展できませんよね。

一方、LINEは日常的に利用しているため、アプリで連絡をとるよりも返信率が高いですし、距離感も近いです。

相手ときちんとつながっていたい・逃したくない思いから、LINEを聞いているのかもしれません。

単にアプリを開くのがめんどくさい

アプリを開くのがめんどくさがっている人は、手っ取り早くLINEですませたいと思っています。

そもそも男性は文章でのやりとりが苦手な人が多く、電話を好む人が多いです。

LINEであれば気軽に電話かけられるため、通話を狙っていることも考えられますね。

ライバルを減らしたい

恋活・婚活では、いかに早く相手を見つけて恋人になれるかが重要です。

そしてマッチングアプリの利用者の男女比は、だいたい男性の方が多いです。

モタモタしていると気になる女性を他の人に取られてしまう!という焦りから、LINEを聞いてライバルと差をつける作戦を考えているのでしょう。

本名や外見を知りたい

LINEは本名で登録していたり、アイコンを顔写真に設定している人が多いですよね。

本名がわかればFacebookで調べられるのでそれを狙っている可能性ありです。

顔写真を見て、タイプな子なのか確かめる・どんな子なのか探りを入れているパターンも考えられます。

遊び目的の人・業者

一番危ないのは遊び目的の人です。

LINEを交換して上手い口説いて、ホテルに誘ってきます。

やりとりして1~2通目でLINE交換を要求してくるような人は、特に注意してください。

もう1つは業者です。

LINE直後にいきなり「〇〇に興味ある?」などとビジネスの話をしてきたり、宗教の勧誘をしてくる場合もあります。

くるみ

私もマッチングアプリ初心者のころ、LINE交換したらすぐに変な勧誘されたことがある!2通目で要求されたよ。早すぎるのは危険!

マッチングアプリでLINEを聞かれた時の断り方

有料会員の仕組みや、有料会員が終わるとウソをつく男性の心理はわかったけど、

まだLINEを教えたくない場合はどうしたらいいの?

そんな疑問を持つ方もいると思うので、できるだけ相手の傷つけずに断る方法をお伝えします。

  • 素直にLINE交換に抵抗があることを伝える
  • 自分のタイミングでお聞きしますと伝える
  • LINE以外の方法を伝える
  • 一定の期間を超えてからにしましょうと伝える
  • お互いのことをよく知ってからと伝える
  • 付き合う人と交換がしたいと伝える

簡単な例文も参考にしてください。

素直にLINE交換に抵抗があることを伝える

「せっかくなんですが、以前LINE交換して嫌なことがあって。もう少し経ってからでもいいですか?」

過去に嫌な思いをした旨を伝えれば、相手も納得せざるを得ないでしょうし、

自分だけが断られたわけじゃないんだと感じるはずです。

自分のタイミングでお聞きしますと伝える

「嬉しいです!ただ、ちょっとまだ知り合ったばかりなので、もう少し経ったら私から聞きますね♬」

「自分から聞く」といえば、社交辞令感がないですし、嫌ではないんだなと感じると思います。

LINE以外の方法を教える

「私、メールもよく見るのでメアド交換にしませんか?」

メールアドレスなら、何かあったときに変更するこもできます。

電話がいきなりかかってくることもないので安心です。

一定の期間を超えてからにしましょうと伝える

「ここでのLINE交換は1ヶ月やりとり続いた人だけとするって決めているので、もう少しやりとりしませんか?」

自分でルールを決めていることを伝えれば、悪い気はしませんよね。

お互いのことをよく知ってからと伝える

「まだあんまり〇〇さんのこと知らないので、もっとお互いのことを知ってから改めて交換しましょう!」

慎重さを伝えれば、「私は軽くない」と相手に伝わるので遊び目的対策にもなります。

付き合う人と交換したいと伝える

「私、LINE交換は付き合うことが決まった人としたいなと思ってるんです。もしご縁があれば、その時お願いします。」

これからお互い知っていきましょうという前向きな意味なので、相手も嬉しいはずです。

マッチングアプリでLINEを聞かれるのは好意の現れ。上手に断れば傷つけない

マッチングアプリで「有料会員が終わる」と理由をつけてLINEを聞いてくるのは、本当・ウソどっちもあり。

だけど、ほとんどの人があなたに好意を持っていて、仲良くなりたいと思っているから。

ただし、距離感のつかめず早い段階で聞いてくるような相手は要注意。

教えたくない人には、ここでご紹介した例文を参考にやんわり断ってくださいね!

LINEを教える場合は、ある程度信頼できると感じたときだけにしましょう。

相手が信頼できるかどうかは、誠実な人の見分け方で載せていますのでここで見分けてくださいね!

この記事をシェアする
見たいところに飛べる目次
閉じる